So-net無料ブログ作成

「ありえへん∞世界」の放送で、駆逐艦雷と工藤艦長のことで話題!【動画】【感動】 [政治]


テレ東系の「ありえへん∞世界」で、駆逐艦雷のことで話題になっています。 →ranking

このお話は戦後イギリスで語り継がれていた実話なんですが

私達、日本人はその事実があったことさえ、知らない人が多すぎます。


今回 番組で放送されましたが、詳細を交えて改めてご紹介いたします。→ranking

(以下引用)
大東亜戦争時の昭和17年、スバラヤ沖で起きた海戦は、イギリス・オランダ・アメリカ・

オーストラリアの連合国艦隊と日本国艦隊が激突した海戦である。

IJN_Destroyer_Ikazuchi.jpg

この海戦は昭和17年2月27日から3月1日までに、計5回の戦闘が繰り広げられたが、

兵力はほぼ互角ながら連合国艦隊は8隻を失って退却、日本側は駆逐艦1隻を

損傷したのみで圧倒的勝利を収めた。


この海戦の翌日、哨戒行動中であった『雷・いかづち』は、重油が流れ出た海面に

大勢の将兵が漂流しているのを発見した。

日本帝国海軍との交戦で沈没した英国艦隊の将兵達で、炎上・沈没した戦闘艦から

脱出してボートや瓦礫に寄りながら海上を漂っていたのである。



英国海軍400名を確認した『雷』の工藤俊作艦長は、敵潜水艦の音響の有無を

再三に渡って確認させ、その上で、『敵兵を救助する』と号令し、マストに『救難活動中』を

示す国際信号旗を掲げました。



しかしこうした戦闘中の海域で救助の為に停船すれば、敵潜水艦や戦闘機にとって

絶好の攻撃目標となるわけだから、危険極まりない行為だ。

さらに昭和16年8月以降、英米による石油禁輸措置によって石油が乏しい日本国に

とっては、発進・停止を繰り返す救助活動は、その後の戦闘行為を不可能にする事になる。

こうした事から、『艦長はいったい何を考えているのだ!戦争中だぞ!』と批判の声が出た。


だがこうした批判の声を沈静化させたのも工藤艦長のリーダーシップと人徳だった。

普段から工藤艦長は艦内での鉄拳制裁を一切禁止し、兵・下士官・将校を

分け隔てなく接し、人望を集めていた。



その工藤艦長は 『敵とて人間。弱っている敵を助けずフェアな戦いは出来ない。

それが武士道である。』との命令に、日本の将兵達は自らも海中に飛び込んで

敵兵士を救助した。 →ranking
o0247033412425536952.jpgkudou104.jpg

さらに救助した英兵を貴重な真水で洗い、衣服まで提供して工藤艦長はこうスピーチした。

『貴官達は勇敢に戦われた。今や諸官は、日本海軍の名誉あるゲストである。』

そしてディナーを振る舞い、翌日ボルネオ島の港で、オランダ病院船に捕虜として

全員を引き渡しているのだ。 救助された英兵達は大感激をした。

そもそも英国海軍の規定には、危険海域における溺者救助活動では、

『たとえ友軍であっても義務ではない。』としている。

それが敵兵である自分達を、戦域での危険を顧みず救助し、衣・食を与え、

敵国の病院船に引渡しまでしたのだから、英兵達の感激は当然と言えるだろう。

その英兵の1人であったフォール中尉は漂流中に現れた敵艦隊にダメだと思ったが、

救助信号旗が揚がったのを見て安堵したと言う。

kudou102.jpg
そして戦争が終わり長い時が流れた平成8年、フォール氏は『マイ・ラッキー・ライフ』を

出版し、その冒頭で、

『この本を私の人生に運を与えてくれた家族、そして私を救ってくれた

大日本帝国海軍中佐・工藤俊作に捧げます。』

と、書いたのだ。 →ranking

20120209190451.jpg

そしてさらに、 『自分が死ぬ前にどうしても一言お礼を言いたかった。

一日として彼の事を忘れた事はありません。』と強調した。

そしてここからフォール氏による工藤艦長を探す旅が始まる。

結果的に地元在住の青木厚一元海軍少佐の尽力によって、ご遺族と

工藤艦長の墓所が判明した。


平成20年12月7日、89歳と言う高齢でありながらフォール氏を日本に迎え、

墓所のある埼玉県川口市の薬師寺で墓前祭を盛大に執り行い、翌8日には

赤坂プリンスホテルで英国大使・外務大臣参列の下で、顕彰記念式典

が行われました。 →ranking

kudou107.jpg

英国海軍からは駐在武官が参列、海上自衛隊からは海上幕僚長、

四代目『いかづち』艦長が参列、国際礼儀に則った海軍式式典が挙行されました。
ranking

以下はこの記事を編集されたkamikaze715さんの心情が綴られています。


戦後、日本ではこうした史実があるにも拘らず、東京裁判史観の下、日教組を中心とした

反日組織により史実を捻じ曲げて教育を受けさせられて来ました。

私は根本的な問題として、明治以降の歴史認識をしっかりと改める必要があると思います。

中国・韓国が主張する歴史認識は歪曲されたデタラメな史実なのです。

我々の先人達は、人種差別撤廃を声高に世界で始めて発言しました。

日本民族は日本と言う国に誇りを持ち、そして愛国心こそがこれからの日本を支えて

いけると確信します。 →ranking

そして反日組織である日教組を支持母体とする民主党が現在の政権を握っているのです。

東日本大震災の復興にしても、原発事故の対応にしても、自分達の利権と保身に躍起に

なっている民主党政権は即時政権交代をしてもらいたい。

工藤俊作艦長は、自らの危険も顧みず敵国の兵士を救助しました。

今の民主党は自己の保身に走り、日本国民である被災者を救う事が出来ません。

この違いは一体何なんでしょう。


真実の歴史を知り、愛国心を持って国政を任せられる政治家を育てなければなりません。

その為にも反日組織全体を壊滅させ、この日本から叩き出さなくてはなりません。

それには国民一人ひとりの団結が必要になります。

目先の利に惑わされず、しっかりとした愛国者を見抜く事を、我々は身に付けなければ

ならないと思います。(引用終わり)→ranking






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。